世界選手権に12年連続出場 日本人最多の12タイトル(21~33歳)

1954年(昭和29年)22歳

21回世界選手権ロンドン大会に初出場

男子団体:優勝(荻村・富田・田舛・川井)

男子シングルス:優勝(決勝:フリスベルグ)

男子ダブルス:3位(パートナー:富田)

1954年ロンドン大会選手団

 

1954年ロンドン大会

フリスベルグ

※男子シングルス決勝の相手フリスベルグと

 

  • 5月、フランスオープン(パリ)、男子シングルス優勝(決勝:シド)、男子ダブルス(富田)優勝
  • 7月、台中市国際トーナメント、男子シングルス(決勝:田中)優勝
  • 8月、アキレス腱損傷6か月休養・速攻からオールラウンドに
  • 11月~12月、スウェーデンの招きで単身渡欧
  • ユーゴ、西ドイツ、オーストリア、デンマーク、スウェーデンを転戦
  • コペンハーゲン国際リーグ戦などで優勝
  • 荻村の選手としての活動を支援する目的で、武蔵野卓球場に集まる有志で「青卓会」が設立される(会長:上原功三)
  • 54年度 朝日賞受賞

1955年(昭和30年)23歳

  • 1月、肝硬変を患い約3年間食事療法

第22回世界選手権 ユトレヒト大会

男子団体:優勝(荻村・富田・田舛・田中)

男子ダブルス:3位(パートナー:富田)

1955年ユトレヒト大会

  • 都市対抗優勝・単複全勝
  • 関東大学リーグ優勝・単複10戦全勝(監督・矢尾板氏 パートナー:笠原)
  • 東日本学生選手権大会・男子シングルス優勝(決勝:野平)
  • 55年度朝日賞受賞

1956年(昭和31年)24歳

  • 日大を卒業
  • 三洋繊維に入社

第23回世界選手権 東京大会で団体3連覇

男子団体:優勝(荻村・田中・富田・角田)

男子シングルス:優勝(決勝:田中利明)

男子ダブルス:優勝(パートナー:富田芳雄)

3冠を獲得

1956年東京大会

1956年東京大会

全日本選手権大会、男子ダブルス(田中利明)・混合ダブルス(大川とみ)優勝、男子シングルス3位

  • 荻村伊智朗卒業作品「日本の卓球」イタリア国際スポーツ短編映画コンクールで銀賞
  • 56年度朝日賞受賞

1957年(昭和32年)25歳

第24回世界選手権ストックホルム大会 団体4連覇

男子団体:優勝(荻村・田中・角田・宮田)

混合ダブルス:優勝(パートナー:江口冨士枝) 

男子シングルス:2位(決勝:田中利明)

男子ダブルス:2位(パートナー:田中利明)

 

  • 5月7日、森田時美と結婚
  • 57年度朝日賞受賞

1958年(昭和33年)26歳

<アジア競技大会(東京)>

・混合ダブルス優勝(パートナー:江口冨士枝)

・男子団体2位

・男子シングルス3位

 

  • 8月1日、長女直実誕生(現姓陶山)

1959年(昭和34年)27歳

第25回世界選手権ドルトムント大会

男子団体:優勝(5連覇)(荻村・村上・星野・成田)

男子ダブルス:優勝(パートナー:村上輝夫)

混合ダブルス:優勝(パートナー:江口冨士枝)

男子シングルス:3位

1959年ドルトムント大会

1959年ドルトムント大会男子団体

  • 全英オープン、単・複(村上輝夫)優勝
  • 5月、裏ソフトに転向
  • 全日本軟式、男子シングルス・混合ダブルス(大川とみ)優勝
  • 全日本硬式、シングルス2位(決勝:渋谷五郎)
  • 12月、招かれて約半年、スウェーデンでコーチ活動
  • 中高校生指導講座を卓球レポートに連載開始
  • 59年度朝日賞受賞

スウェーデンにて

※スウェーデンに渡った荻村伊智朗

1960年(昭和35年)28歳

  • 10月3日、長男一晃誕生
  • 全日本軟式、混合ダブルス(大川とみ)優勝
  • 全日本硬式、シングルス2位(決勝:星野信彌)

 

<第4回アジア選手権ボンベイ大会> 

・男子団体:優勝(荻村・村上・星野・渋谷)

・男子シングルス:優勝(決勝:李国定)

・男子ダブルス:優勝(パートナー:村上輝夫)

・混合ダブルス:優勝(パートナー:松崎キミ代)

※日本は7種目完全優勝。荻村は4冠獲得

1961年(昭和36)29歳

第26回世界選手権 北京大会

混合ダブルス:優勝(パートナー:松崎キミ代)

男子団体:2位(決勝:中国)

1961年北京大会

1961年北京大会選手団周恩来総理と

※日本代表選手団と中国の周恩来総理

  • 全日本軟式(豊岡市)、シングルス優勝 
  • 61年度朝日賞受賞

1962年(昭和37年)30歳

  • 1~4月、スウェーデン卓球協会の招きによりコーチとして滞在

 

<第4回アジア競技大会(ジャカルタ)>

・男子団体:優勝(荻村・木村・三木・小中)

・混合ダブルス:優勝(パートナー:松崎)

・男子シングルス:2位(決勝:三木圭一)

※日本は7種目完全優勝

 

  • 周恩来首相の招きで訪中、各地で指導・交流

1963年(昭和38年)31歳

<第6回アジア選手権マニラ大会>

団体優勝(荻村・三木・福島・高橋)

※日本は9種目完全優勝

第27回世界選手権 プラハ大会

男子団体:2位(荻村・木村・三木・小中)(決勝:中国 荘・徐張)

男子シングルス:ベスト8

※荻村初めて無冠

 

  • コーチとして北欧4国・西ドイツに10週間滞在
  • 『中高校生指導講座Ⅰ』(卓球レポート)出版

1964年(昭和39年)32歳

  • 11月19日、二女晃子誕生(現姓大和)

1965年(昭和40年)33歳

第28回世界選手権 リュブリアナ大会

男子団体:2位

1965年リュブリアナ大会

 

この後現役を退く

Translation

最近の記事

  1. 1979.10.技(わざ)の深み
  2. 1979.9.雑誌の功罪
  3. 1979.6.チャンスをつかむ力
  4. 1979.5.得意技
PAGE TOP