『心に二の矢をつがえまい』荻村伊智朗語録 1972年4月

心に二の矢をつがえまい

徒然草だかに「此の一矢に定むべしと思へ」と、二の矢をもって的に向かう心をいましめた言葉があったように思う。

日本の代表になったり、学校の代表になったりして試合に出る人は、「自分が出場するために多くの人のチャンスをつぶしている」ことを考えなければならない、と思う。

試合をしたあとで、今後こそは、と工夫をこらすのはよい。しかしながら、試合をする前から、「一回ぐらいは悪くても……」と思うようでは、心に二の矢をつがえたことになりはしないか。

荻村伊智朗

 

卓球ジャーナル 1972年4月号「発行人から」より

卓球ジャーナル 1972年4月号「発行人から」全文はこちら。

1959年ドルトムント大会3

関連記事一覧

  1. フォーム
  2. フリスベルグ
  3. フォーム
  4. 海外
  5. 1954全英選手権江口さん

Translation

最近の記事

  1. 青卓会会報No.17
  2. 日本卓球、今後の興隆策について
  3. 卓球ジャーナル1987冬表紙
  4. 青卓会新会報ナンバー5
  5. 強体ニュース創刊号
PAGE TOP