『雨滴 石を穿つ』荻村伊智朗語録 1978年5月

雨滴 石を穿つ

毎日の努力の行くえは一粒の雨滴が石に落ちたように頼りなげに思えるときもあるが、やがて石を穿つ日がくるのを信じて頑張らねばなるまい。

荻村伊智朗

 

卓球ジャーナル 1978年5月号「発行人から」より

卓球ジャーナル 1978年5月号「発行人から」全文はこちら。

フォーム

関連記事一覧

  1. フォーム
  2. 荻村伊智朗バックハンド
  3. 1956年東京大会
  4. フリスベルグ
  5. 日本代表
  6. 1959年ドルトムント大会ユーゴスラビアと

Translation

最近の記事

  1. 青卓会会報No.17
  2. 日本卓球、今後の興隆策について
  3. 卓球ジャーナル1987冬表紙
  4. 青卓会新会報ナンバー5
  5. 強体ニュース創刊号
PAGE TOP