『それにしても勝負というものは、それに臨む心構えで戦う前に大かた決まってしまっているようだ』荻村伊智朗語録 1972年4月

心に二の矢をつがえまい

世界選手権にせよ、インターハイにせよ、本番は一発勝負である。「もう一回やらしてくれ」はない。

一発勝負で実力を発揮できないものは、普段の生活に甘さがあるものである。

それにしても勝負というものは、それに臨む心構えで戦う前に大かた決まってしまっているようだ。

荻村伊智朗

 

卓球ジャーナル 1972年4月号「発行人から」より

卓球ジャーナル 1972年4月号「発行人から」全文はこちら。

フリスベルグ

関連記事一覧

  1. 荻村伊智朗バックハンド
  2. 1956年東京大会
  3. 日本代表
  4. バーグマンと荻村伊智朗
  5. フォーム

Translation

最近の記事

  1. 青卓会会報No.17
  2. 日本卓球、今後の興隆策について
  3. 卓球ジャーナル1987冬表紙
  4. 青卓会新会報ナンバー5
  5. 強体ニュース創刊号
PAGE TOP