『あることがわからないために、わかっていることまで見失わないようにしよう。できないことがあってもよい。できることにベストをつくせ』荻村伊智朗語録 1975年3月

解決できない条件があってもよい 解決できない条件を孤立させよう

あることがわからないために、わかっていることまで見失わないようにしよう。

できないことがあってもよい。

できることにベストをつくせ。

荻村伊智朗

 

卓球ジャーナル 1975年3月号「発行人から」より

卓球ジャーナル 1975年3月号「発行人から」全文はこちら。

日本代表

関連記事一覧

  1. 1959年ドルトムント大会ユーゴスラビアと
  2. 荻村伊智朗バックハンド
  3. 1954全英選手権江口さん
  4. 1955年ユトレヒト
  5. フォーム

Translation

最近の記事

  1. 日本の千人第3号3
  2. 日本の千人第3号1
  3. ニューズレター
  4. 1963年日本卓球協会会長
  5. ニューズレター44

カテゴリー

PAGE TOP