『「スポーツと政治」の幻想』荻村伊智朗語録 1972年9月

「スポーツと政治」の幻想

私達がスポーツの試合場で感動するのは、すぐれた技術を支える豊かな人間性を見たときである。

技術的にはいくらすぐれたチャンピオンであっても、いくらすぐれた監督であっても、その人のおかれた歴史状況の中での役割りを知らぬ言動があれば、どんなすぐれたプレイを披露した直後であっても、人々はがっかりしてしまうにちがいない。

荻村伊智朗

 

卓球ジャーナル 1972年9月号「発行人から」より

卓球ジャーナル 1972年9月号「発行人から」全文はこちら。

スピーチ

関連記事一覧

  1. 高校時代
  2. バーグマンと荻村伊智朗
  3. 1959年ドルトムント大会ユーゴスラビアと
  4. フォーム
  5. フォーム
  6. 1955年ユトレヒト

Translation

最近の記事

  1. ニューズレター
  2. 1963年日本卓球協会会長
  3. ニューズレター44
  4. 日本の千人創刊号表紙
  5. 青卓会会報No.17
PAGE TOP