『尋ねるということは力量のいることである』荻村伊智朗語録 1978年10月

尋ねるということは力量のいることである

コーチが次から次へと教えてくれることに、消化不良をおこしながら懸命についていく選手生命もあろう。

口をあけて、コーチがはこんでくる餌を待つだけの選手生命もあろう。

しかし、卓球ジャーナルの読者は、“尋ねることの大切さ”を知る人であってほしい。

荻村伊智朗

 

卓球ジャーナル 1978年10月号「発行人から」より

卓球ジャーナル 1978年10月号「発行人から」全文はこちら。

海外

関連記事一覧

  1. フォーム
  2. 1961年北京大会
  3. 1959年ドルトムント大会3
  4. 1955年ユトレヒト
  5. フォーム
  6. 1959年ドルトムント大会ユーゴスラビアと

Translation

最近の記事

  1. ニューズレター44
  2. 日本の千人創刊号表紙
  3. 青卓会会報No.17
  4. 日本卓球、今後の興隆策について
  5. 卓球ジャーナル1987冬表紙
PAGE TOP